「トランズのこだわり」
DSC_6575のコピートランズでは全社をあげ関西一を目標に接客レベル向上に取り組んでいます。関西一の接客とは誰に聞かれても自分自身が自信を持って「関西一の接客」といえる事であり、トランズで働いている、全員が自分の接客は関西一と自信をもって言えた時「関西一の接客」を実現したと言えるでしょう。
「お客様が望まれるもの以外は採用しないスタンス」
「おもてなし」とはお客様が今、望まれること、そして次に望まれることを 察知し、そのために出来ることをすぐに行うことだと思います。その理由からトランズ は、お客様が望まれるもの以外は採用しません。それ以外はお客様が必要とさ れないものだからです。 極端に言えば、派手な告知物や装飾で演出したりと小手先のPRでお客様の満足を 得るのではなく、お客様にとって一つ一つが真に分かりやすく、必要とされるものだけを提供する考えです。 この考え方は差別化の難しいアミューズメント業界において大きなポイントだと自負しています。
実例を申しますと、関西でも一番目、二番目となる玉積み、玉の持ち運びを行わない システムを導入したきっかけは、純粋に接客に集中したかったという理由です。 又、全国でも一番、二番となる分煙ボードをいち早く設置し、この新しい取り組みはおかげさまでお客様との良好な関係づくりにとても友好的に働き、大変満足頂いています。
そしてトランズの最大のこだわりは「人材育成」です。全員が平等に評価されるシステムの構築・改善 は基より、モチベーションを維持し、自分の能力開発に熱中できるシステムの構築・改善にも 日々取り組んでいます。
お客様のために出来ることに限りはありません。そのためにも永続的な人材育成と教育には大いに こだわっています。
株式会社トランズ 常務取締役  巴山 誠烈